男女の心の移り変わり

ストレスを感じると会いたくなる

日常生活でイライラすることがあったとき、自分のなかだけではおさえきれずにその気持ちをどこかにぶちまけたくなることはありませんか?イライラした気持ちを発散させる方法は様々で、やけ酒をしたり大食いをしたり、スポーツをして身体を動かしたりという方法もありますよね。
一方で付き合いの長いカップルだったり、出会いが学生のころで友人関係が長かったカップルだったり、夫婦や同棲中のカップルはイライラも思い切ってパートナーにぶつけて、ストレスを解消することがあります。
イライラしたときは共にイライラし、バッティングセンターに行ってバットに思いをぶつけたり、食べ放題に行き食べたいだけ食べればいいよって言ってもらえたりするのは素敵ですよね。

そんなパートナーが希望なあなたは心の広い人との出会いを見つけるとよいでしょう。
パートナー自身があまりストレスを感じない方だと、あなたの愚痴やイライラを吐き出しても深く考えません。
ただ、そういった人と出会うのは中々難しいかもしれません。
なぜならストレス社会といわれる日本はストレスを感じている人が非常に多いのです。
自分もストレスを抱えているのに、パートナーのストレスまでかかえろというのは酷ではないか、と思う人も沢山います。
家に居るのがストレスになったという離婚原因もよく耳にしますよね。
夫婦生活も思いやりが大切です。
相手に自分のストレスまで受け止められる余裕があるのかどうか、きちんと理解し、難しいパートナーには無理をさせないようにしましょう。
そういったパートナーをお持ちの方は愚痴を言い合える友人をあらかじめ作っておくと良いのではないでしょうか。

怒りの感情を恋人で消化させるのはある意味危険な行為です。
イライラしているときは自分を見失いがちです。
そんな気持ちのときに、恋人と会って自分の気に入らない事があると、いつもなら気にならない事でもうっかり口に出してしまいかねません。
さらにストレスが増えたり、恋人と喧嘩になってしまうと元も子もありません。
気を使わないでいいくらいの関係になれるまでは、関係が崩れてしまうきっかけになりかねないので、ストレス発散は恋人以外の方法を考えておきましょう。
それでもどうしても、会いたくなったときには怒りの感情を相手にぶつけるのではなく、怒りを幸せで緩和するために会おうという気持ちで会うとよいでしょう。

   ▲