男女の心の移り変わり

大切な人だから

気付けば、随分と長い道のりを二人で歩いてきたものだと、改めて感じたという人は、そろそろ次のステップへと進むことを考える時期が来ているのかもしれません。
この場合の「長い」は、必ずしも歳月を表している訳ではありません。
二人が築いてきた濃厚な関係や絆を表すものであり、それは「充実」を表しているといった方が良いかもしれません。

出会いから間もない頃には、「この関係が長く続けばいい」と考える人は多いかもしれませんが、「この恋愛はどこまで続くだろうか」と考える人や「この先二人はどうなるのだろう」といったことを考える人はあまりいないのではないでしょうか。
そはれ、不安につながるからでもありますし、まだ想像できないからでもあることでしょう。
出会いからしばらくの間は、一緒にいることを楽しむことが精いっぱいで、他のことへは目が向き辛いからでもあります。

ですが、時間が経つにつれ、互いの「良いところ」を見つけるだけでは物足りなく感じるようになり、「素のままの相手」を見たいと考えるようになってきます。
それは、より深い関係になりたいと考えるようになるからでもありますし、「自分にだからこそ見せて欲しい」といういわば「独占欲」が湧いてくるからでもあります。
独占欲という言葉を使うと、悪いもののように聞こえるかもしれませんが、それはつまり、それだけ相手のことが「好き」ということであり、「大切」だということでもあるのです。

そうして、互いの良いところだけでなく、減点ポイントを見せ合うようになったり、見つけたりするようになるのですが、互いがそれを望めるようになったということは、関係がひとつ進んだということなのです。
マイナスポイントを知った当初は、それが原因でケンカになることもあるかもしれませんが、それをお互いさまのことだと考え、改善する努力を行えるかそうでないかで、互いが築いてきた関係がどれほどのものだったのかを知ることができます。
これは誰にでも訪れる試練でもあります。

大切な人であり、大切な関係だからと考えられる人は、互いのそうした部分を改善し、長く一緒にいられるよう努力をしようとしますが、中には、自分の理想や感情の方が大切だと考え、そこで全てを終わりにしてしまう人もいるのです。
「一緒にいたい」「大切な人だから」と、そうした思いが互いへと伝わったカップルだけが、結婚へと進むことができ、プロポーズをする時には堂々と、された時も戸惑うことなく、互いの覚悟を示すことができるのです。

   ▲